売却査定の流れ

当サイトにて物件情報とお客様情報を入力し、無料査定依頼を行う!

送信された情報をもとに、当社からお客様にご連絡致します。 所有のマンション・戸建・土地などの不動産をいくらで売却できるのかを査定します。当社はお客様の売却希望額を考慮しますが、現実的に売却可能な金額で査定しますので、売却希望額と査定額にギャップが生じる場合があります。 売却における相場もさることながら、手数料についても、念のためしっかり確認しましょう。

実際にマンション・戸建(一戸建て)・土地・アパートなどの売却を依頼するため媒介契約(仲介するための契約)を締結します。契約の形態によって、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。媒介というと分かりにくいのですが、いわゆる仲介のことです。通常、手数料などの費用は媒介契約の時点でかかりません。

瑕疵の申出をしましょう。売却するマンションやアパート、土地などの不動産について、予め開示すべき情報を申出ます。特に瑕疵(キズ、損傷、不具合、抵当権の設定など)がある場合は、トラブルの原因となりますので必ず重要事項説明書に記載しなくてはなりません。ここに記載のない場合、損害賠償や契約解除などになってしまうこともありますので注意が必要です。

見事、買主が見つかったら、不動産売買契約を締結します。契約書など必要書類に記名・捺印します。売却価格が決定すると当社に支払う仲介の手数料や不動産の譲渡にかかる税(所得税・住民税などの税金)も確定します。売却するマンション・戸建・土地などの不動産の用途や所有期間などによって税(所得税・住民税などの税金)の控除(特別控除)や特例(軽減税率など)が認められ税金(税)が軽減されることもありますので、費用や税(所得税・住民税などの 税金)、手数料についてはよく理解してしっかりチェックしましょう。

代金を受け取り、引き渡し・所有権移転登記が済んだらお持ちのマンション・戸建(一戸建て)・土地・アパートなど不動産の売却手続きが終了します。
※売却するマンション・戸建(一戸建て)・土地・アパートなどの不動産に根抵当権、賃借権、仮差押えなどが付いているときは、これを抹消する必要があります。